クリニックでのトレチノインによるシミ治療の実態

シミを治したり薄くするには、いろいろな方法があります。市販の薬や化粧品を使う方法もありますし、 もう少し本格的に対処したいなら、皮膚科に行くこともできます。美容クリニック等ではトレチノインによるシミ治療を行うことがあります。

ここでは、トレチノインによる治療がどんな風に行われるのか、詳しく説明してみたいと思います。

クリニックではまず顔にできているシミがどんな状態かを診察します。シミが濃いか薄いかによって、処方する薬剤の濃度が異なるからです。その後トレチノインが処方されますが、今後のシミ予防の意味も含めて、ハイドロキノンも同時に処方されることが多いようです。
http://www.exermusic.com/biyoeki/

医師から説明があった通りの分量や回数を守って、毎日これらの薬剤を塗布していきます。 すると徐々に皮膚に変化が起こり、表面の皮がむけてきます。このむけた皮の中にメラニンが含まれているため、皮が向けた後はシミが薄くなっているはずです。

最初はあまりシミの色に変化がないかもしれませんが、トレチノインを塗り続けて何度か皮がむけることにより、シミがかなり薄くなっていきます。トレチノインを使った治療は、いわばお肌に炎症を起こさせているものです。

シミがほぼなくなったらトレチノインの使用はやめて、今度はお肌を修復していきます。トレチノインによる治療をしている間は皮がむけるので、少しヒリヒリとした痛みを感じることがあります。 また角質層まではがれるため、お肌のバリア機能が低下するという特徴があります。

そのため、外出時に紫外線を浴びないように気をつけなければなりません。また乾燥しがちになるので、しっかりと保湿するようにしましょう。この時期にケアを怠ってしまうと、紫外線によるダメージをもろに受けてしまい、余計にシミができてしまうことがあります。

トレチノインによる治療を行う際に、医師から生活する上での注意点やケアの仕方について詳しい説明があると思います。それらはすべて意味のあることですから、治療効果を高めるためにも 注意点をしっかり守ることが大切です。

メニュー

ページの先頭へ