肝斑の特徴や治療法について

シミは色や大きさ等によっていろいろな種類があります。肝斑(かんぱん)もその一種です。主に女性に見られるシミで、顔の左右対称にできるのが特徴です。肝斑は女性に多いシミということで、女性ホルモンと関係があると言われています。

ですから妊娠や出産といった、ホルモンの変化が大きい時にできることが多いのです。また更年期やピルを飲んでいる間もホルモンバランスが変わるので、肝斑ができやすい時期になります。

肝斑の治療には、飲み薬が有効です。トラネキサム酸とビタミンC・Eをあわせて飲むと効果的です。 人によってはこれらが体質に合わないことがあるため、できれば市販の薬を飲むよりも、病院で処方してもらうと安心です。

また医療機関で肝斑の治療を受けることもできます。その際、レーザー治療を行うことはありません。 なぜなら他のシミと違って肝斑にレーザー治療を行うと、かえって色が濃くなってしまう恐れがあるからです。

肝斑の場合はフォトフェイシャルが効果的です。フォトフェイシャルは比較的新しい技術で、 お肌へのダメージが少なく、施術を受ける側の負担も少なくて済みます。

でも場合によってはフォトフェイシャルがあまり効果を発揮しないこともあるので、その場合は他の方法を用いることがあります。たとえば内服薬を飲んだり、ハイドロキノンといった漂白作用のある クリームを塗ることもあります。

いくつかの方法を組み合わせて肝斑の治療を行うこともあるので、事前によく確認しておくようにしましょう。治療の組み合わせによっては料金が高額になってしまうこともあります。また肝斑を化粧品で薄くできないかと考える人もいるでしょう。

以前は国内では許可されていなかった成分が、最近は配合しても良いことになりましたので、そうした化粧品を使うのも効果的です。またハイドロキノン入りの化粧品を使う場合は、人によってしみることがありますので、少しずつ試してみることをおすすめします。

メニュー

ページの先頭へ