シミができないように賢く予防しよう

シミはできてしまってから慌てて対策をするよりも、まずはできないように予防することが大切です。 あらかじめシミの予防を徹底することにより、かなりシミが発生する確率を減らすことができるのです。 シミ予防のためにまず考えなければならないことは、紫外線対策です。

紫外線を浴びるとやがてシミに結び付いてしまうことが多いですから、なるべく紫外線を浴びないように生活する必要があります。でも家の中に閉じこもっているわけにもいきませんから、外出する時は細心の注意を払って紫外線対策をしましょう。可能であれば外出の時間帯をずらすのも良いでしょう。

どうしても日差しが強い時に外出しなければならないなら、日傘などで直射日光が当たらないようにします。腕なども日焼けしやすい部分ですから、夏でも長袖を着用したり腕をカバーするような物を利用することが大切です。

また少しの外出であっても日焼け止めは必ず塗りましょう。朝に一度塗って、それで満足してはいけません。日焼け止めを塗っても汗と一緒に流れ落ちてしまいます。ですからこまめに塗り直す必要があるのです。

またお肌の代謝を高めるために、規則正しい生活をするように日頃から心がけておきましょう。 具体的には、睡眠時間をきちんと確保することです。睡眠不足になると、代謝がうまく行われなくなり、お肌にも疲れがあらわれてしまいます。

また眠る時間帯も工夫が必要です。夜10時から午前2時くらいまでがお肌の生まれ変わる時間帯とされていますので、その時間は眠っていた方が良いのです。長い時間眠っても、この時間帯にかかっていないと 美肌効果はあまり感じられないかもしれません。

そして当然のことですが、常にお肌を清潔に保つようにしましょう。洗顔料がお肌に残っていてはいけません。また洗顔したらきれいなタオルでお肌を刺激しないように水分を拭き取ります。お肌への刺激が原因でシミになることもあるので、むやみにお肌を触ったり、髪の毛が顔にかからないように気をつけることも大切です。

メニュー

ページの先頭へ