老人性のシミについて

シミにもいろいろな種類があり、年齢を重ねてからできるシミは若い頃にできるものとは少し違った特徴があります。その一つに老人性色素斑というものがあります。これは顔や首、また腕などにできるプツプツとした褐色のシミです。

大きさとしては米粒くらいの小さいものから、親指大くらいのものまでさまざまのものがあります。 最初のうちはとくに盛り上がっていることはなく、平らですが、放っておくと少しずつ盛り上がってくることがあります。

するとイボがたくさんできたように見えて、慌てて病院に駆け込む人も多いようです。この段階になると別の名称になり、老人性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。老人性色素斑は25歳くらいから皮膚にあらわれ始める人もいます。

こういったシミができる原因は、通常のシミと同じく紫外線です。ですから紫外線に当たりやすい場所に自然と発生することになります。年齢を重ねるとどうしても新陳代謝が衰えますし、これまで浴びてきた紫外線の蓄積もあるので、こうしたシミが増えやすくなってしまうのです。

老人性疣贅は脂漏性角化症と呼ばれることもあります。高齢者の顔にはこうしたシミが多くあらわれています。はっきりした茶色や黒色のシミになるため、どうしても目立ってしまい、気にしている人も多いようです。

またシミの表面はザラザラしていて、何かの病気ではないかと心配する人もいます。しかも、一つできると徐々に数が増えてきたりするので気になります。この老人性疣贅は放置してもガンに移行することはないため心配はいりませんが、見た目が気になる場合は治療することもできます。

治療方法はレーザーが一般的です。こういった加齢によるシミをなくして、いつまでも若々しくありたいという方は、レーザー治療を受けられるとよいでしょう。シミを薄くする市販の薬や化粧品ではあまり老人性のシミには効果がありません。これは、メラニン色素を含む細胞が肥大しているためです。

メニュー

ページの先頭へ